1.30.2013

和竿作り 3 変わり塗り-4

いよいよ変わり塗りの仕上げ工程。1000番の水砥ぎを終えた塗り部に1:1で薄めた透を平筆で塗ると予定通りの飴色が色を沈めて柄を落ち着かせてくれました。

ただし、透は少しの厚さで色が変わってしまうため慎重に塗ります。

乾いてから、このままで良いのか?さらに塗り重ねるべきか?考えます。

経験上、いじり過ぎはNGなので、慎重に…


2 件のコメント:

  1. 返信
    1. ありがと。でも、師匠や兄弟子のみるとまだまだなんだなぁ〜

      削除